NPO法人環境と健康を次世代へ紡ぐ会とは

ご挨拶

NPO法人 環境と健康を次世代へ紡ぐ会
Step Forward21
理事長 川畑 正夫

20世紀初頭に台頭した石油化学産業は、私たち人間の生活に豊かさや利便性をもたらしました。 しかしその一方で、空気・水・土・食物などの環境汚染・人体汚染は加速度を増し、深刻な状況と問題を投げかけています。 過去の歴史を見ても、水俣病・イタイイタイ病・カネミ油症・サリドマイドなど、数々の公害・薬害事件は。まさに化学物質に起因する人体への影響の恐ろしさを証明したものといえます。 最近は、従来の化学物質と違って長期晩発影響をもたらし、次世代まで生殖系・神経系・免疫系に毒性を及ぼし続けていく、環境化学物質への不安が一層高まっています。 環境化学物質の体内曝露量を検出する、クロマトグラフィー(質量分析計)などの計量技術の飛躍的な進歩によって、環境化学物質の人体への曝露実態が立証されました。 特に人は高感受期(受精3〜8週目)に環境化学物質の深刻なダメージを受け、胎児期から長期的かつ、あと戻りのきかない影響を受け続けていく可能性があることが分かってまいりました。 従って、今こそ胎児や子供を基準とした環境化学物質のリスク評価と、環境予防医学の確立を急がなければなりません。 未来世代を担う大事な子供達を化学物質から守るために、どう対応したらいいのか無知と無関心ではすまされません。 特にお母さん方の考え方、対応の姿勢が重要になります。 これからは、化学物質の知識と予防医学の知識が最低不可欠な条件となってきます。 私どもNPO法人環境と健康を次世代へ紡ぐ会「Step Forward21」は、研究者による化学物質や予防医学の知見や最新の情報を一般の方々へ、環境化学物質への対応や予防医学の知識をわかりやすく、正しく伝えていくことで社会貢献を実現していきます。 次世代の子供たちと地球環境を守るため、その対策と予防を一人でも多くの方々に伝えて参りたいと思います。

NPO法人について

21世紀を担う人々に対して、環境化学物質(ダイオキシン・PCB・DDT等の農薬類)を起因とする環境汚染、人体汚染の実態について広く伝え、予防医学の推進に関する事業を行い、現在と次世代の人々の健やかな健康と生活の質(QOL)の向上に寄与することを目的とします。
この法人は、上記の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行います。

  • 保険・医療または福祉の推進を図る活動
  • 子ども達の健全育成を図る活動
  • 社会教育の推進を図る活動
  • 環境の保全を図る活動

特定非営利活動に係る事業

  1. 環境及び健康に関する講演、講習会等の企画、立案並びに運営に関する事業
  2. 予防医学に関する出版物の発行及び普及と啓発事業
  3. 健康管理に関する助言・相談事業
  4. 環境教育や健康増進体験活動等の青少年健全育成事業
  5. 高齢者・障害者の生きがい作りに関する事業

市民講座

2018年11月19日
現在、開催に向けて準備中です。

予防医学教室

2018年11月19日
現在、開催に向けて準備中です。

その他の活動情報

2018年11月19日
現在、開催に向けて準備中です。